メタボリックシンドロームを引き起こす最大の要因は、
インスリン抵抗性という状態が、
体の中で、起こることだといわれています。

メタボリックシンドロームの原因となるインスリン抵抗性

インスリン抵抗性は、
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、
うまく働くなくなってしまう状態のことをさします。

一般的には糖尿病はインスリンの障害という
イメージがありますが、糖の代謝が
インスリン抵抗性に大きく関わっています。

インスリン抵抗性とはインスリンが働かない状態

インスリン抵抗性は血糖も、中性脂肪も、
血圧までも上げてしまいます。

私たちは、食べ物を摂取すると
体内で分解や吸収してエネルギーを生み出します。

その中でも特に食事中の炭水化物は
体内で分解されてブドウ糖になります。

ブドウ糖はエネルギーへと代わりますが、
ブドウ糖を血液から細胞の中へ取り込むのに
必要なホルモンがインスリンになります。

ブドウ糖は自然に細胞に取り込まれるわけでなく
各細胞にカギ穴のような部分があって、
インスリンがそのカギを開けることで、
ブドウ糖は体内の中に入ることができます。

ですが、ご飯やめんなどの炭水化物や
ジュースやお菓子といった糖分の多い食品を
大量に摂取するとインスリンが大量に分泌されます。

糖分が多い食事が毎日続くと
インスリンの大量分泌が続いて
正常にインスリンが働かなくなり
細胞の反応も鈍ってきます。

このようにインスリンが上手く働かなくなったり
血液中の糖分を取り込めなくなり
そうなることでエネルギーが作り出せなくなる状態を
インスリン抵抗性と呼びます。

メタボで怖い状態インスリン抵抗性

インスリン抵抗性はインスリンは大量にあるのに
仕事をしないという状態になります。

インスリンが働かないと
血液中に糖が余っていきます。

血液中で余った糖は、
中性脂肪に変化し内臓脂肪として
蓄積されることになります。

内臓脂肪がたまると脂肪細胞が
大きくなり、インスリンの働きを悪くする
遊離脂肪酸を分泌するようになり、
悪循環がおこります。

細胞に糖が取り込まれないと、
ふたたび血に戻り再度大量のインスリンを
分泌ることになります。

そして血液中のインスリンが常に高い状態を
高インスリン血症と呼びます。

高インスリン血症は血圧にも影響がでてしまう
高インスリン血症で血液中にあふれたインスリンは
血圧にも影響を与えます。

腎臓では、インスリンを分泌するとともに、
血液中のナトリウムの再吸収する働きがありますが、、

インスリンが増加するとナトリウムの再吸収が促進され、
血液量が増えて、血圧が上がってしまいます。

過剰なインスリンは、交感神経を刺激したり、
腎臓の血管にも悪い影響を与えるので
さらに血圧を上げる要因になってしまいます。

血液中の糖が増え、そして中性脂肪も増え、
血圧も上がってしまうと非常に危険な状態になります。
一刻も早くメタボからが脱却しましょう。