内臓脂肪型の肥満と高脂血症・高血圧・高血糖を合併した状態がメタボリックシンドロームです。

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の名前の由来は、メタボリック「METABOLIC」は、代謝、シンドローム「SYNDROME」は、症候群という意味です。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満と高脂血症・高血圧・高血糖などの危険因子が集まった状態です。
メタボリックシンドロームの危険因子は、要因のひとつひとつはそれみてみると小さくても、いくつか重なることによって動脈硬化へと繋がり、動脈硬化が進むと危険な状態になってしまいます。 メタボリックシンドロームは、必ず内蔵脂肪型肥満が含まれていて、残りの高脂血症・高血圧・高血糖のうち2つ以上含まれるとメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と診断されます。

メタボリックシンドロームの診断基準

必須項目

内臓脂肪型(腹腔内脂肪)蓄積

ウエスト(おへその位置)周り

男性 85cm以上
女性 90cm以上

選択項目

上記と以下のうち2項目以上

高脂血症

中性脂肪値 150mg/dl以上
HDLコレストロール低値 40mg/dl未満

高血圧

収縮期血圧 130mmHg以上
拡張期血圧 85mmHG以上

高血糖

空腹時高血糖 110mg/dl以上

メタボ診断にはまず自分のウエストを測りましょう

メタボリックシンドロームの必須項目は、内臓脂肪型蓄積です。ウエストの周りに脂肪がどれぐらい蓄積されているかどうかをメタボ診断の必須項目としています。
以前は自分が太っているかどうかを判断するために、標準の体重と比較したりBMIなどの数値を判断材料としていました。BMIとは、Body Mass Indexの略で、人に対しての肥満度を表す指数のことです。
BMI=体重(kg)/身長(m)÷身長(m)
日本肥満学会によると、BMIですが、医療の進歩により単純な数値の比較ではなくお腹の中にある内蔵脂肪の量が問とされるようになりました。その基準が、男性はウエストが85cm以上、女性は、90cm以上の方で、CTで内脂肪を検査することにより、内臓脂肪型の肥満かどうかを診断することができます。

メタボの診断基準|高脂血症

高脂血症とは、体内に入った脂質の代謝の働きがうまくいかず 血液の中に残りの脂質が増えている状態の事をいいます。メタボリックシンドロームの診断は、中性脂肪値とHDLコレストロール低値を確認します。

メタボの診断基準|高血圧

メタボリックシンドロームの診断で高血圧の値も重要です。血圧が高くなると血管自体に影響を与えるため動脈硬化に進展する可能性があります。

メタボの診断基準|高血糖

普通の糖尿病の検査では、糖尿病とは、言えないギリギリのレベルの状態。この状態で内臓に脂肪が多いと動脈硬化の危険性になる可能性があるためメタボリックシンドロームの判断基準のひとつとなっております。

メタボリックシンドロームの体型について

太った方の多くは、リンゴ型体型と洋ナシ型体型のどちらかです。
メタボリックシンドロームは内臓脂肪が問題となるので、リンゴ型体型の人は注意する必要があります。

リンゴ型体型(内臓脂肪型肥満)

リンゴ型体型は内臓脂肪型肥満で男性に多い肥満体型です。
メタボリックシンドロームの診断の決め手になるのが内蔵型肥満です。内蔵型肥満に高脂血症・高血圧・高血糖などの要因が加わり動脈硬化や生活習慣病などの病気を引き起こす可能性が高くなります。内臓型脂肪はお腹全体に脂肪がつくのではなく腸間膜という小腸を支えている膜に脂肪がつく状態のことになります。
CT検査でお腹の断面を撮影すると内臓脂肪型の肥満かどうかすぐにわかりますが、検査に時間がとれない場合、内臓脂肪型の肥満の特徴で判断しましょう。内蔵脂肪型肥満(リンゴ型体型)のお腹は、ぽこっと前に出ていて指でつかみにくいのが特徴です。このようなお腹だと内蔵脂肪型肥満だと思ってよろしいでしょう。

洋ナシ型体型(皮下脂肪型肥満)

洋ナシ型体型は皮下脂肪型肥満で女性に多くみられる肥満体型です。皮下脂肪型肥満になると女性は、睡眠時無呼吸症候群になったり乳がんの危険性も高くなります。皮下脂肪型肥満(洋ナシ型体型)は、おしりから太ももにかけて脂肪がついてきます。
皮下脂肪は、一度ついてしまうとなかなか落とすことができない脂肪です。皮下脂肪は、内臓脂肪と違ってしっかりと指でつかめますお腹の脂肪がつかめたら皮下脂肪、つかめなかったら内蔵脂肪というのが特徴です。

大人の男性の3割は、メタボリックシンドローム

ウエスト85cm以上の男性の方は、メタボリックシンドロームの可能性があります….ですが、この数値だと 結構 周りにいませんか?成人男性の3割、女性の1割は、メタボリックシンドロームの可能性があります。 脂肪を燃やすには、運動が大切です。皮下脂肪は落とすのが大変ですが、内臓脂肪は比較的落としやすいのが特徴です。内臓脂肪は燃焼しやすい脂肪なので規則正しい食事と運動でぽこっとしたお腹もスマートお腹になることでしょう。