メタボリックシンドロームは中高年男性に多い

中年男性に多いメタボリックシンドロームメタボリックシンドロームは、近頃の流行語のようになってしまいました。メタボリックシンドロームは日本では、中高年齢に多いといわれています。特に男性が、深刻な事態のようです。中高年の男性では、2人に1人がメタボリックシンドロームにすでに陥っている、または予備軍である、との報告もあります。働き盛りの中高年男性にとって、メタボリックシンドロームの対策を行なうことは、難しいのかもしれません。しかし、まずは現在の生活習慣をチェックしてみることが重要です。自分自身の生活パターンや食事内容を省みることが、メタボリックシンドロームへの対策を立てるための近道です。

メタボリックシンドロームは身体に複合的な異常を起こす

メタボリックシンドロームは身体に複合的な異常を起こすメタボリックシンドロームでは、ウエスト周りのサイズなどが注目されています。
しかし、もっと簡単に表現すると、食べ過ぎと運動不足を原因とする内臓脂肪症候群です。
メタボリックシンドロームによって、身体に複合的な異常が起こるとされています。
メタボリックシンドロームによって、糖尿病になることもあります。また、高血圧や高脂血症なども、その背景にはメタボリックシンドロームがあるようです。
メタボリックシンドロームは、ガンが起きる手前の状態、と表現されることもあります。

メタボリックシンドロームは男性40代から、女性50代後半からが多い

メタボリックシンドロームは男性40代から、女性50代後半からメタボリックシンドロームが問題になってくる年齢があります。一般的には、男性では40代、女性では50代後半と言われています。
女性の場合は、閉経してからメタボリックシンドロームに悩むようになる人が多いとわれています。
女性は、閉経までは内臓に脂肪が溜まりにくい、ということがわかってきたのです。
一方、男性は成人してから過剰な脂肪が内臓に蓄積され始めるのですが、メタボリックシンドロームが問題となるのは40代くらいからが多いようです。
男性は40代くらいになると、筋肉が衰えその影響で基礎代謝も低下し、脂肪が内臓に貯まって行ってしまうのです。

食欲を抑えるホルモン・レプチン

食欲を抑えるホルモン・レプチン東北大学大学院医学系研究所は、食欲を抑えるホルモンであるレプチンに注目し、レプチンにスイッチを入れるのが内臓脂肪である、との発表をしました。
内臓脂肪からの何らかの信号によってレプチンが元気になる、ということです。この信号は、神経信号と呼ばれています。
今後、この神経信号の研究によって、食欲を無理なく抑えることができるようになれば、メタボリックシンドロームに悩む人にとってつらいと思われる食事量の制限が、楽になるかもしれません。
将来的には、痩せ薬も夢では無いと言われています。レプチンの働きを活発にする神経信号の研究に、期待したいものです。

肥満改善のための外食産業の賢い選択

肥満改善のための外食産業の賢い選択メタボリックシンドロームの認知は高まったようです。メタボリックシンドロームを改善することは、肥満を改善することでもあります。
元々太っている人が標準体重まで痩せるのは、かなり大変なことでしょう。
そこでメタボリックシンドロームを改善するためには、まず体重の5%を減らす努力をすることが有効とされています。
1日3食とも自宅で食べられるのならば、それを目指しての工夫も比較的行ないやすいでしょう。しかし昔と違って現代は飽食の時代と言われています。外食をする機会をゼロにするのは、現実にはなかなか困難です。外食産業の中には、カロリーを表記しているところもあります。そういった食材やお店を選ぶことや情報を収集することは、メタボリックシンドロームを改善するためには、賢い選択かもしれません。

内臓脂肪は皮下脂肪より減りやすい

内臓脂肪は皮下脂肪より減りやすいメタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群とも言われています。つまり、内臓の脂肪が問題とされています。
男性は皮下脂肪がつきにくいぶん、内臓脂肪がつきやすいといわれています。
標準体重よりも重い人は、まず1年間で5%の減量が目標となります。例えば体重が80kgの人は、1年間で4kg減量すれば問題ないということです。
1年間で5%というのは、少なく感じるかもしれません。しかし、皮下脂肪より内臓脂肪の方が減りやすいので、たった5%の減量でも内臓脂肪の方が先に減り、中性脂肪の数値もかなり改善されます。皮下脂肪が減るのは、内臓脂肪が減ったその後になります。
内臓脂肪が減れば、ウエスト周りはスッキリします。内臓脂肪は減りやすいので、努力すれば必ず減ります。

病気予防のための体重管理

病気予防のための体重管理メタボリックシンドロームと診断されていなくても、注意をすることは大切だといえます。これは、どんな人にも当てはまることだと思います。糖尿病や高血圧などを予防することにもつながるからです。メタボリックシンドロームに注意して生活することは、病気にならないために有効だといえます。
とにかく太りすぎが最も注意すべきことですから、体重管理が重要です。肥満の人が心臓病になる可能性は、通常の範囲内の体重の人に比べて2倍という報告があります。また、糖尿病にいたっては、5倍と報告されています。メタボリックシンドロームではなくても、体重管理は健康のためには欠かせません。

メタボリックシンドローム改善のための医者の指摘・アドバイス

メタボリックシンドローム改善のための医者の指摘・アドバイスメタボリックシンドロームの状態とは、病気になる前の状態といえます。ですからメタボリックシンドロームを改善しなければ、心臓病や糖尿病になっていくかもしれません。つまり、自分自身の努力によってメタボリックシンドロームを改善できれば、病気を予防できるということにもなります。
メタボリックシンドロームは、病院で治すものではありません。医療行為で治すものでは無いのです。しかし、メタボリックシンドロームであるということを、医者に指摘されて初めて自覚するという人も、きっと多いでしょう。メタボリックシンドロームは医療行為で治すものでは無いかもしれませんが、医者による指摘やアドバイスは、今後ますます重要になってくるでしょう。病気を予防する方法を医者が教えてくれる時代は近い、ということです。

肥満と長寿と食生活

肥満と長寿と食生活メタボリックシンドローム対策とは、健康的に暮らすために注意しなければならない事柄のことです。肥満に注意し、運動を心がけた健康的な暮らしによって、病気にならないようにするということです。とにかく肥満はいけません。沖縄は長寿で有名な県でした。沖縄の男性は長寿で日本1位だったのですが、ある時ガクっと順位が落ちたことがニュースになりました。
その原因をいろいろと考えられたようです。そして、たぶんそうであろうといわれた一番の理由が、肥満です。昔ながらの食生活をしていたお年寄りが亡くなりだすと、一気に平均寿命が落ちた、ということのようです。つまり、アメリカのような食生活のツケが、とうとう表面に出てきた、とされています。食事がいかに重要か、ということの表れでしょう。